Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
楽天モバイルが通信し放題で維持費1500円!

「妄想現実」を作り出す境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)

「妄想現実」を作り出す境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)

なおえもん

まいど、なおえもんやで
境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)者は「妄想様観念」を持っている。

つまり妄想で作り上げた「仮想現実」を自分自身で信じ込み、脳内で真実化してしまうという恐ろしい症状を抱えている。

ボダ患者の彼女や嫁と付き合っている男性は特に大変だ。

ボダ患者は特に「被害妄想」を加速させ、被害意識をどんどん拡大させ問題をこじらせていく傾向がある。

自分で作り出した「被害妄想」に取り憑かれている為「現実」が「誤った現実」と捉えられてしまう。

「現実」より自分が作り出した「妄想現実」の方が正しいと頑なにこだわり、妄想は加速していくばかり。

物事の捉え方である「認知」は人それぞれ違うが、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)者はその様な「個人差」というレベルをはるかに超越した妄想世界に生きている。

現実を正確に把握できず、狂った被害妄想を持つ。

この様な異常な認知を持ち、有りもしない被害を訴え、脅迫や恫喝をされる日々は生きてる心地がしなかった。

例え「被害妄想」が妄想である事を示す明確な証拠を出したとしても頑なに認めはしない。

事実に沿った認知をしなければ必ず「不合理」や「矛盾点」が生まれるにも関わらず、それを完全に無視して「妄想で作り出した被害」を訴える。

自分で間違いに気付いたとしても決して認めようとはせず、逆に「事実」の方をねじ曲げて「捏造」だとしてしまう傲慢さには困らされると共に、ほとほと呆れる毎日であった。

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)者にとって、自分の作り出した「妄想現実」が「自分の道理」に合っているかという点が大切なのである。

矛盾した辻褄の合わない言動をする境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害) | なおえもん

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)者は依存した相手(彼氏)にイチャモンを付け、「負い目」を持たせて振り …

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA