境界性人格障害(パーソナリティ障害)からの被害や対処法のヒント

境界性人格障害(パーソナリティ障害)の被害者は、常にイチャモンを付けられ「加害者」に仕立て上げられます。

本当は「被害」を受けているのに「加害者」として扱われ、事あるごとに脅迫される。

男性は振り回されボロボロに。最後は「脱価値化」によって捨てられるなど悲惨な末路を辿ります。