本日のAmazonタイムセール

中学校や高校生時代は何の部活をしていましたか?

なおえもん

まいど、なおえもんやで
今回は「中学校や高校生時代は何の部活をしていたか?」というテーマについてお話したいと思います。

中学校の部活に入部するまでの経緯

私は小学校の高学年まで水恐怖症で、顔に水がつくことを極端に嫌がっていたし、泳ぐことができませんでした。

水泳の授業はいつも見学していたほどであり、みなさんが想像する以上に水に対しての拒否感がすごかったです。

小学校高学年の夏休みには新聞にスイミングのチラシが入っており、夏休みの短期特訓に参加したことがあります。

これによって多少は水に対しての恐怖心は緩和されていましたが、25メートルも泳げるような状態ではありませんでした。

中学に入ったばかりの私は、小学校の時に理科クラブの先輩だった人に偶然出会いました。

ろくな人ではなかったのですが「水泳部に入ってくれや」と半ば強引に誘われました。

あまりに水泳部への勧誘が強引で執拗だったのと、そこまで断る理由もなかった事もあり、私はその先に何が待ち受けているのかも全く想像せずに承諾しました。

「水泳部に入れ」とうるさいからその場しのぎで返事したようなものです。

私は世間知らずの子供だったので「中学の部活」というのがどのようなものであるかも知りませんでした。

私は「小学校の理科クラブの時のようにただボーッとしているだけでいいんだ」的な安易な感覚で水泳部に入ることになったのです。

中学校で部活に入ってから

先輩の勧誘によって何も考えず水泳部に入ることになった私。

しかし水泳部に入った私はすぐさま目が覚める事になりました。

25メートルも泳げない私が、猛烈に練習して何キロも泳げる選手たちに混じって練習することになったわけです。

もうこれは地獄でした。

当時は「部活の練習中に水を飲んではいけない」的な風潮の残る時代。

もちろん子供を労る文化などありません。

「厳しく扱いて(しごいて)鍛錬すれば強くなる」=根性論のみが通用していた時代です。

泳げない私は不意に何度もプールの水を飲んでしまい何度もむせながら(溺れながら)死の危険に晒されつつ、厳しい部活の練習に耐えました。

入部して半年ほど経った頃には私は全くの別人、見違える様な人間になっていました。
私のモテ期は○歳だった

私のモテ期は○歳だった

今回は「私のモテ期は○歳だった」というテーマについてお話したいと思います。 結論から言うと、私の一番のモテ期は14歳だったのではないかと思っています。 これには明確な根拠があります。 私は小学校の時、太っており運動もでき …

一度泳げるようになったらこっちのもの。

そこからは順調に練習を重ねどんどん速く泳げるようになっていきました。

カナヅチだった私は4年後には大学生や大人も参加する市の水泳選手権で2位になれるほどに成長しました。

それが講じてその後はスイミングのコーチにもなりました。

人生というのはどうなるかわからないものですね。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA