本日のAmazonタイムセール

初心者必見!荒野行動において敵を見つける3つの方法

なおえもん

まいど、なおえもんやで
本記事では荒野行動の初心者に向けて
  • 敵の居場所がわからない
  • どうやったら敵の場所がわかるの?
  • 敵を見つける方法が知りたい
という疑問について解説します。

荒野行動には自動で動いている敵もいるという話はこちら

「ボット」ってなに?荒野初心者が知っておくべきロボットとプレイヤーの違い | なおえもん

本記事では荒野の初心者が勘違いしている「すべての敵は人間が操作してる(プレイヤー)」という思い込みについて正した上で、更に上達するための知識を得られる記事となっています。 荒野初心者が負けてしまう原因ともなるため、ここで …

敵を見つける方法1:止まる

荒野行動の初心者においては敵を見つけるという最も大切な事ができません。

特にスマホでやっているプレイヤーは画面が小さいため、中距離から長距離の敵が全くと言っていいほど見えません。

銃声が鳴っていない場合において先に敵を見つける事ができれば、有利に戦闘を進める事ができるわけですが、どうすれば先に敵を見つけられるのでしょう?

答えは止まる事です。

実は止まって画面全体を見る事によって、敵がいればキラキラと動いているのがわずかに見えます。

いつもとは違う、違和感のある色の点が動いていたり、変な色があったらそれが敵だったりします。

ちょうど解説してる動画があったので見てもらえばわかると思います。
私も敵の居場所がわかるようになるまでは、割と苦労しました。

しかし止まって画面全体を見るようになった結果、敵を素早く発見できるようになりました。

まぁ慣れてくれば一瞬止まるだけでわかったり、止まらなくてもわかる事が増えてきますが、初心者にとっては荒野が格段に上手くなる第一歩と言えるでしょう。

初心者の方はぜひ「止まって見る」を試してみましょう。

ちなみに初心者においてはスコープを覗いて敵を探そうとする人がいますが、これは意味がないし部分的にしか見えず、効率も悪いです。

止まって画面を眺めることで敵が動いていればすぐにわかるので、スコープを覗いて敵を探す癖のある人はやめるように心がけましょう。

なおえもん

特に中盤~終盤は使える

敵を見つける方法2:イヤホンを付ける

「荒野行動をまともにプレイするにはイヤホンが絶対に必要」

この様に説明しても
  • イヤホン使わなくても普通に音は聞こえる
  • イヤホン使わなくても普通にプレイできる
と聞く耳を持たない初心者がいますが、それは大きな過ちです。

なぜ荒野行動をまともにプレイするにはイヤホンが必要なのでしょう?

イヤホンを必ず付けるべき理由は、敵の位置や方向を直感的に特定、発見できるからです

イヤホンをつけていない場合はただの「効果音」を聞いているに過ぎません。

ただの効果音なので、結局ミニマップを見て銃声マークの方向や位置から敵の位置や方向をアバウトに予測するしかありません。

それではわかりづらく、また銃声が移動するたびに再確認もせねばなりません。

そんな事をしている間にやられて死んでしまいます。

イヤホンを付けると敵の銃声だけで敵の距離や方向がわかる

ではイヤホンをつけた場合はどうなるのでしょう?

右方向から銃声があった場合は右のイヤホンから銃声が聞こえます。

つまりミニマップを確認しなくともすぐに音のした方向を振り向いて目視で敵を発見することが可能になるわけです。

正面または真後ろから銃声があった場合は両方のイヤホンから均等に銃声が聞こえます。

右ナナメ前か、右ナナメ後ろから銃声がなった場合は、右のイヤホンから大きめの銃声、左のイヤホンからは小さめの銃声が聞こえたりするため、敵の居場所がすぐに把握できるようになります。

銃声が鳴り響いている間に体を回転させた場合は、左右から聞こえる銃声のバランスが変化するので、それを頼りに正確な敵の居場所を確認することが可能です。
また銃声の大きさによって敵が近いか遠いかの判別も直感的に可能になります

ここまで敵の銃声について説明しましたが、イヤホンを付けることのメリットはまだ存在します。

イヤホンを付けると接近戦でも非常に有利

荒野行動をプレイする上で、街ナカや岩場で敵と交戦状態になる事は度々起こります。

イヤホンを付けることによってこの様な状況下においても有利に戦闘を行うことが可能となります。

敵が岩裏や塀裏、建物裏などでウロウロしているという場合においてはミニマップを見て足音を確認している暇など全くないですよね。

それに確認できたところで、毎秒ごとに足音の位置が変わってしまうので、とても目で追える情報では有りません。

そんな時でもイヤホンを使うことによって今この瞬間に敵がどこにいるのか、直感的に相手の位置を掴む事ができます。

また敵の足音の大きさの変化によって、自分と敵までの距離の変化がわかります。

さらにイヤホンは小さな音もしっかりと再現してくれるため、街ナカにおいて敵の足音が聞こえてないにも関わらず、建物のガラスが割れる音が聞こえた事から敵がいることが判明するという事もよくあります。

ガラスの割れる音の大小で敵との距離がわかるし、ガラスの割れる音の方向で敵のいる場所がすぐにわかります。

敵の車音でも同じことが言えます。

ここまでイヤホンを付けることによるメリットが多いため、イヤホンを付けてない人は非常に不利な状況で戦っていると言えます。

なおえもん

イヤホンは必ず付けよう

敵を見つける方法3:視野を広げて走る

荒野の初心者が敵を見つける方法2つ目は、走りながら視野を広げるという事です。

荒野行動の操作画面には視点移動とは別に、周囲を確認できる目のマークのアイコンがあります。

この方法を使うことによって走りながら周囲の敵を探す事はできますが、真っ直ぐに走りながらでしか索敵を行う事ができません。

もし敵と遭遇した場合にも、目のマークから指を離すと前向きの状態に画面が戻ってしまうため、すぐに反応することができません。

これを解決しようと思った場合は走りながら視点を横向きにするしかないわけですが、視点を横にすると、その方向に走ってしまいます。

しかし、これを解決する方法があります。

実は前に進み(走り)ながら視点を横に向ける方法があるのです。

やり方を説明しましょう。

走りながら右方向の敵を探したい場合は、左の移動スティックを左ナナメ上(↖)に倒し、同時に視点を右(→)に向けます。

こうすることによって、本来は左前に進むはずが、視点の右方向の操作と相殺され、横を見ながら前進する事ができるのです。

言葉ではわかりにくいので動画で見てみましょう。
最初は意味がわかりませんでしたが、私もこれをマスターすることによって、終盤の安地内へ駆け込んでいる敵の把握もしやすくなりました。

初心者の方はやり方を習得しておきましょう。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA